営業時間
平日9:00〜18:00
休業日
土日祝日

0120-161-244

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • カートを見る
DIYコラム

COLUMN[コラム]

ロゴお部屋を快適にする室内干しの選び方

 

花粉の季節や、梅雨など天候が悪いと洗濯物は室内干しが多くなりがちですよね。

また防犯のために室内干しをする方も多いかと思います。

 

最近の室内干しは、たくさんの洗濯物を干せる大容量タイプや、コンパクトで収納が簡単にできインテリアに馴染むお洒落なものまでライフスタイルにあわせていろいろな仕様があります。

 

今回はあなたにピッタリな室内干しの選び方をご紹介します。

目次

室内干しするメリット

 

・天候に関係なくいつでも洗濯ができる

室内干しの1番のメリットは雨の日でも風の日でもいつでも干せることです。

急な夏のゲリラ豪雨があっても室内干しなら安心です。

日中仕事などでいないので外干しができない人にもおすすめです。

 

・花粉から洗濯物を守る

花粉症の人にとって、花粉の季節は窓も開けたくありません。

また花粉だけでなくP.M.2.5も気になりますよね。

室内干しであれば、洗濯物に花粉がついて家の中に入ってくるのを防ぐことができます。

 

・防犯になる

外に洗濯物を干すと見られてしまいます。

下着など見られたくない、1人暮らしで防犯面が気になる方には室内干しがおすすめです。

 

・家事の時短

わざわざ外にでて洗濯物を取り込む必要がありません。

インテリアに馴染むものを選べば、そのまま出しておいてもOKです。

取り込む手間や畳む手間など家事の時短になります。

室内干しの種類

・天井取付タイプ

使う時だけポールをだして、使わない時は天井に戻すことができるので邪魔になりません。

天井に設置するので、室内用物干しを置くスペースがなくても快適に使用できます。

賃貸住宅の場合は天井設置可能かどうか確認が必要です。

 

・ワイヤータイプ

コンパクトでスタイリッシュなのでインテリアに馴染みます。

必要な時だけワイヤーを出します。

設置するスペースはコンパクトなのですが、壁に穴をあけて設置する必要があります。

壁に穴をあけるため賃貸住宅の場合は確認が必要です。

 

・つっぱりタイプ

好きな場所に設置できます。

壁に穴をあける必要がないのがポイント。

高さも自由に設定できるので、丈の長いワンピースなども干すことができます。

床に対して垂直に設置しないとゆがんでくるのできちんと設置しましょう。

 

・折りたたみタイプ

使わないときはしまえるのが折りたたみタイプ

伸縮型などサイズや素材も豊富なので、スペースに合わせて選ぶことができます

エアコンの風があたる場所など乾きやすい場所に簡単に移動できるキャスター付きのものもあります。

天井や壁に穴をあけることなく設置できるので、賃貸住宅でも安心して使用できます。

 

 

室内干しの選び方

洗濯物をたくさん干せるけど収納がしづらい、出しっぱなしにすると生活感が気になるというお悩みの方も多いのでは?

購入後に後悔しないために室内干しの選び方のポイントをご紹介します。

 

 

・洗濯物の量

一度に干す洗濯物はどのくらいか量を確認しましょう。

せっかく設置しても、大きすぎて邪魔、小さくて干せないなどサイズ選びで後悔しないためのポイントです。

また耐荷重も注意しましょう。

冬物など厚手のものと夏物の薄手もものでは重さが違います。

耐荷重オーバーすると破損の危険もありますので確認しましょう。

 

・干す物の長さ

洗濯ものの量も大事ですが、干す物の長さもチェックしましょう。

バスタオルやワンピースや長ズボンなど丈の長い物を干す場合床についてしまいます。

この場合、乾きにくいだけでなく洋服にシワもついてしまいます。

洗濯するものの中で長い物の長さを基準に室内干しの高さを選びましょう。

 

・設置場所

サイズの大きい室内干しは、たくさん洗濯物を干すことができますがそのぶん場所をとります。大きすぎて邪魔になることがないように、家のどこに設置するのかイメージしてサイズのチェックもしっかりしましょう。

使わないときの収納場所のチェックも忘れずに。

 

・デザイン

生活感が気になる方はデザイン性の高い室内干しを選ぶと、インテリアに馴染むので使うたびに収納しなくても気になりません。

天井取付タイプやワイヤータイプは収納場所もいらないので部屋がせまくなることもありません。

 

カーテンレールなどに干すという方法もありますが、カーテンがあるため乾きにくく、一度にたくさんの洗濯物を干すことはできません。

また乾きにくいと嫌な臭いの原因にもなります。

洗濯物の間隔を開ける、厚手のものは一か所にまとめない、太めのハンガーをつかうなど干し方の工夫も必要です。

上手な室内干しをして少しでも家事を楽に時短しましょう。

CATEGORY[カテゴリー]

NEWS[お知らせ]

  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • コラム
  • 会社概要

CALENDAR[休業日カレンダー]

CATEGORY[カテゴリー]
照明照明
床材床材
壁材壁材
水回り水回り
建具建具
家具家具
塗装塗装
ネジ・ビスネジ・ビス
その他その他
PAGE TOP